便利にLED電球を使いたい?スマートLED電球を買おう!

admin

スマートLED電球は多機能で便利

LED電球は電気料が安く寿命がとても長いので、白熱電球からの乗り換えを考えている場合もあるでしょう。そのときは、スマートLED電球に乗り換えることを考えるのをおすすめします。普通のLED電球のメリットは失わず、好みの色に変えられたりスピーカーが付いていて音楽を楽しめたりできるようになっています。それらをスマートフォンやスマートスピーカーで操作できるようになるため、プルスイッチや壁スイッチでわざわざONとOFFを切替えなくても済むので便利です。

機能を調べてから選ぼう

スマートLED電球の機能は製品によって異なるので、自身の好みに合ったものを選びましょう。どのような機能が使えるのかは、製品説明に記載されているため、しっかりと読めば求めるスマートLED電球を手に入れられます。もちろん、まったく余計な機能が付いていない、ただの照明としても製品もあるので、スマートフォンやスマートスピーカーで操作をすることだけが目的の方も納得できるはずです。

なお、どのような端末でもスマートLED電球を操作できるわけではないので、注意しなければいけません。製品によって利用できる端末は決まっているため、事前にリサーチしなければお目当ての機能が使えず後悔する可能性があります。端末の種類に加えてOSのバージョンなど、利用条件がいろいろとあるのでチェックしてから購入しましょう。

技適マークには注意をすること

スマートLED電球を外部から操作するためには、Wi-FiやBluetoothといった技術が使われています。実はそれらの技術を利用したアイテムは、技適マークがなければ利用をしてはいけないことになっています。ないものを使ってしまうと、違法になる可能性があるので気をつけなければいけません。なお、大手のショッピングサイトで普通に販売されている製品の中にも、技適マークがないものがたくさん存在しています。そのため、聞いたことがないメーカーや輸入品の場合は、技適マークがない可能性が高いのできちんと調べることをおすすめします。製品説明に書いていなければ、ないものだと考えましょう。

口金のサイズは必ず確かめること

普通の電球からスマートLED電球に乗り換えるとき、特別な構造をしていない限りソケット部分を交換する必要はありません。そのまま装着して照明として利用をすることが可能です。しかし、ソケットの口金部分にはいくつかサイズがあるので、スマートLED電球に乗り換えるときは気をつけましょう。サイズがまったく同じものを購入しなければ取り付けることはできないため、せっかく買ったものが無駄になってしまいます。

LEDライトパネルは導光板というパネルを使用しているため表面にまんべんなく光が照らされ、ポスターがそのまま光っているような見やすさで多くの人の目に留まりやすくなります。